日本大学通信教育部の概要

通信教育部長からのご挨拶

ご挨拶

日本大学通信教育部は,1948年に日本で最初に設置認可された通信教育の大学の一つで,正規の大学です。現在では,法学部,文理学部,経済学部,商学部の4学部8学科(専攻)の通信教育課程で,正科生と科目履修生を合わせて約7,300名の方が学んでいます。この日本大学通信教育部の大きな魅力は,様々な動機やニーズを持つ学生の期待に応え,充実した学生生活を送る上でのサポート体制が整えられていることにあります。

大学卒業資格や,教職,学芸員,司書教諭などの資格取得を可能とするカリキュラムや,深い教養と実践的な知識を獲得できる科目が開講され,学生一人ひとりの状況に合わせた選択が可能な,スクーリングやインターネットを柔軟に利用できる学修方法と単位修得方法が採用されています。また,日本の通信教育課程大学で唯一となる独自キャンパスが市ヶ谷に開設されています。同キャンパスでは,自習室・学生ラウンジが整備されています。更に,オンライン利用も可能な,様々な学習支援などの対応窓口なども開設されています。これらは,いずれも,日本大学教育憲章が掲げる「自主創造」,「教育の質保証」,「学生ファースト」という教育理念のもとに,学生一人ひとりが,学び・考え・道を拓く力を身につけ,それぞれの希望の実現を力強くサポートとするものとなっています。

グローバル化や高度情報化社会の進展,あるいは新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の猛威は,私たちに新たな時代を切り拓く知見の創出を強く求めつつあります。皆さんには,上述した日本大学通信教育部の魅力をフルに活用して,この現代社会を生き抜く上でも力となる豊かな人間力を身につけつつ,それぞれの入学目的を達成されることを心から願っております。

日本大学通信教育部長 松重 充浩

日本大学通信教育部長
松重 充浩

PAGE TO TOP