News & Topics

令和3年度授業実施について(令和3年3月22日更新)

2021.03.22

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2021.03.22更新
・緊急事態宣言の解除に伴い「1 キャンパスの入構について」,「①各課事務取扱時間」を更新しました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

学生のみなさんへ

令和2年度は,皆さんと教職員の健康・安全を第一に,また皆さんの学修にも留意しながら,一部の科目を除いて,多くの授業がオンデマンド授業での実施となりました。このような想定外の事態に接し,皆さんには,新型コロナウイルス感染症拡大の影響による日常生活での制約に加えて,慣れないオンデマンド授業を受講しなければならないこと,キャンパスへの入構制限により,友人に会う機会が失われたことなど,辛い思いをされたことを痛切に感じております。特に1年生の皆さんは,ほとんどキャンパスに通うことができず,大きな不安を感じたことと思います。

令和3年度も引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止に対応する中で,通信教育部では,オンデマンド授業の利点・特性を活かし,今後の通信教育部での各種スクーリングにおいては,進化したオンデマンド授業を展開し,新たな授業形態を構築したいと思っています。

通信教育部の学生には,社会人(有職者)や全国各地域に在住して学ぶ者も多いという特色があります。従前から,このような学生のニーズ,また,学びやすさを確保するために,メディア授業の増設や地方スクーリングの実施などに努めてきました。

一方,学生から人気の高い昼間スクーリングでは,近年,関東近県の学生数の増加傾向もあり,同スクーリング受講を希望する学生数が増えているにもかかわらず,通信教育部キャンパスが手狭であるという物理的な制限のために,十分な学修の機会が与えられていない実態もありました。

そこで,オンデマンド授業の利点を活かした教育を取り入れ,学修機会の担保とその効率化によって学修内容の充実を達成できるか,この機を利用して検討してきました。

その結果,令和3年度は,これまで同様の対面授業に加えて,「ハイブリッド授業」の二つの授業形態を展開していくことが,学生ニーズに応える最良の学修方法と捉えました。「ハイブリッド授業」と呼んでいるものは,対面授業とオンデマンド授業を組み合わせた授業を指します。通信教育部では,全15回分の授業のうち,前半の5回分をオンデマンド授業とし,残り10回分を対面授業とすることを考えております。新たな試みではありますが,オンデマンド授業の良さと対面授業の良さを融合した「ハイブリッド授業」を本通信教育部は,今後,推進していきたいと考えています。令和3年度は,この「ハイブリッド授業」を東京スクーリング,地方スクーリング,夜間スクーリングに導入します。昼間スクーリングは原則全15回をオンデマンド授業で開催しますが,一部の授業(少人数科目,演習科目,語学系科目等)に関しては対面で実施する事を検討しています。なお,詳しい授業形態,実施方法等については,改めてHPまたはポータルサイトでお知らせします。

キャンパス入構にあたっては,「日本大学健康観察システム」の記録が必要であったり,3密を避けるためホールや講堂の利用を制限することもあり,皆さんには不自由をお掛けしますが,通信教育部の重要な責務は,授業運営を滞りなく進め,皆さんが安心して学修できる機会を確保することにあります。皆さんも個々の生活において,毎日の体調把握及び健康管理に努めながら,感染拡大防止の徹底も心掛けながら,学修に励んでください。

私たち教職員は皆さんをサポートしますので,学生生活で不安に思うことあるいは相談したいことなどがありましたら,ぜひ対応窓口に御連絡ください。

今後,キャンパスへの入構者数や講堂利用の拡大により,皆さんのキャンパスでの学生生活の機会を増やせるよう,検討していきます。

                             日本大学通信教育部長 川又  祐 

1 キャンパスの入構について

各課窓口利用のための入構,スクーリング授業への出席及び学修支援センター・学生支援室(カウンセラー相談)・就職サポート室を利用する場合は,以下により入構を認めます。
入構にあたっては,マスク着用の上,学生証及び「日本大学健康観察システム」の記録(連続8日以上)が条件となります。
また,入構当日も入口にて検温,手指の消毒を実施します。検温の結果,37度以上の場合は入構をお断りします。また,体調不良(発熱など)の場合は,登校せず体調管理に努めてください。なお,感染拡大防止の観点から,対面授業を実施する講堂以外の場所・施設には立ち寄らないでください。

①各課事務取扱時間
<窓口事務取扱時間>(令和3年3月31日まで)
平 日:10時00分~17時00分
土曜日: 9時00分~12時30分
<窓口事務取扱時間>(令和3年4月1日から)
平 日:9時00分~18時00分
土曜日:9時00分~13時00分
※予約不要ですが,別紙「1号館入構にあたっての注意事項」にしたがってください。

②学修支援センター・学生支援室(カウンセラー相談)・就職サポート室
事前予約制となりますので,https://airrsv.net/learning8857/calendarから予約してください(ポータルサイトにログイン後,「リンク」からもアクセスできます)。

部署 開室時間 備考
学修支援センター 火~金  10:00~18:00
土曜日    9:00~13:00
1組最大2名まで
学生支援室(カウンセラー相談) 火~金  10:30~17:00
就職サポート室 火曜のみ 12:30~16:00

※学生証のほか,必要な資料を各自持参してください。
※その他,詳細は予約サイトにアクセスの上,ご確認ください。

③日本大学健康観察システム
https://condition.nihon-u.ac.jp/Studentにアクセスしてください(ポータルサイトにログイン後,「リンク」からもアクセスできます)。
入構にあたっては,8日間以上の記録が必要です。当日・前日以外の日をまとめて入力できませんので,毎日入力するようにしてください。
また,アクセスできない場合やパソコン,スマートフォンなどをお持ちでない場合は,「健康観察表」(印刷書式)をご利用の上,体調管理を行ってください。プリンターなどをお持ちでない場合も,「健康観察表」を参考に自由書式で作成してください。

2 学生生活について

①課外活動の禁止
サークル活動(新入会員勧誘を含む)・会合(飲食を伴うものを含む)等の課外活動及びゼミナール等で行う対面形式での課外活動については,掲載日現在,当面の間禁止とします。また,合宿等についても同様です。今後の取扱いについては,ポータルサイトにてお知らせいたします。
また,オンラインやSNS等によるコミュニケーションを取る場合は,対面よりも深い心遣いが必要です。十分注意して,マナーを守って利用してください。

②海外渡航の中止
令和2年度に引き続き,令和3年度も海外渡航を中止します。サークルやその他私事渡航についても,中止・延期とします。万一,緊急を要する場合や正当な理由により渡航の必要がある場合は,事前に学生課に申し出てください。

3 各都道府県学習センターについて

各都道府県に設置している学習センターは,3月から開室します。ただし,今後の感染状況により閉室する場合がありますので,予めご了承ください。
ご不明な点がありましたら上記事務取扱時間内に学生課(03-5275-8921)までお問い合わせください。学習センターには,指導員が常駐していませんので,直接センターに電話での問い合わせはしないでください。

4 不安な気持ちがあるなど,相談したいことがあったら

なんとなく困っている感じがするけれども,どう話したらいいか分からない,どこに問い合わせをしたらいいか分からない…など,通常とは違う状況の長期化により,心身の疲れが蓄積している方も多いと思います。
学生支援窓口では,様々な困りごとに対する支援を行っています。コーディネーター(学生課職員)がお話を伺い,適切な部署に繋ぐお手伝いをします。お気軽にご連絡ください。

学生支援窓口 03-5275-8921(学生課につながります)
受付時間   10時00分~17時00分

                                        以  上



<重 要>
37度以上の発熱や体調に異常があり,その症状が続いている場合にはフローチャートにしたがって対応してください。
通信教育部 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合のフローチャート

                                     日本大学通信教育部
一覧へ