News & Topics

令和2年10月1日(木)以降の新型コロナウイルス感染症対策に伴う通信教育部の対応について(10月9日更新)

2020.10.09

学生の皆さんへ 

 前期授業については,皆さんと教職員の健康・安全を第一に,また皆さんの学修にも留意しながら,一部の科目を除いて,多くの授業がオンライン授業での実施となりました。このような想定外の事態に接し,皆さんには,新型コロナウイルス感染症拡大の影響による日常生活での制約に加えて,慣れないオンライン授業を受講しなければならないこと,キャンパスへの入構制限により,友人に会う機会が失われたことなど,辛い思いをされたことを痛切に感じております。特に1年生の皆さんは,ほとんどキャンパスに通うことができず,大きな不安を感じたことと思います。
 後期授業については,ホームページなどでお伝えしているとおり,「日本大学健康観察システム」を利用した皆さんの日々の体調把握及び健康管理を開始し,キャンパス内での徹底した感染防止対策を整えたことから,一部の演習科目等については,その科目の特性及び教育効果を配慮し,「対面授業」,「オンデマンド配信授業とオンライン授業(Zoom等による同時双方向授業)の併用」及び「オンデマンド配信授業と対面授業との併用」等,様々な授業形態で授業を開始しました。
政府による観光支援事業やイベントの人数制限の緩和などの人の流れを拡大する施策が進んでおりますが,感染症の収束はいまだ不透明な状況です。また,実際の授業運営においても,履修者の多い授業科目もあることから,対面授業を主とする授業展開は困難を要しますが,皆さんからの声も踏まえまして,今後,キャンパスへの入構者数や対面授業の拡大により,皆さんのキャンパスでの学生生活の機会を増やせるよう,検討していきます。
 なお,今後のオンライン授業については,前期の授業運営に対する様々な声をもとに,より良い授業を皆さんが受講できるよう対策を講じています。
 具体的には,オンライン授業を実施してみてどうだったか,アンケートを実施し,学生と教員それぞれの立場での不満や改善点を把握しています。また,学生FD活動(CHAmmiT)を通じて,学生と教員がオンラインで直接話し合うことで,受講される皆さんの大変さを,より実感しています。これらの声を,教員間で共有する取組を実施し,授業改善に活かしています。
当初,感染防止対策の一環として開始したオンライン授業は,改善への取組みを行うなかで,対面授業の重要性を改めて認識する一方で,オンライン授業だからこそできることも明らかになってきました。このことは,オンライン授業が,対面授業実施までの「繋ぎ」ではなく,その運用方法により効果的な学修に繋がることを意味しており,皆さんが再びキャンパスでの学生生活に戻ったのちの授業や課外活動をより一層充実させるための,具体的な活用方法を検討していきます。
通信教育部の重要な責務は,授業運営を滞りなく進め,皆さんの学修機会を確保することにあります。そのために,私たち教職員は皆さんをサポートしますので,学生生活で不安に思うことあるいは相談したいことなどがありましたら,ぜひ対応窓口に御連絡ください。
また,皆さんの日常生活においては,毎日の体調把握及び健康管理に努めながら,3密を避けるなど,外出時などの感染防止対策の徹底も心掛けて,学修に励んでください。

1 事務取扱について(10月9日更新)

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として窓口での事務取扱を休止しておりましたが,
10月19日(月)より以下のとおり再開いたします。

  事務取扱時間(窓口) 平 日 午前10時00分~午後 5時00分
             土曜日 午前 9時00分~午後 0時30分

 ただし,学修支援センター・学生支援室(カウンセラー相談)・就職サポート室を利用する場合は予約制になりますので留意してください。なお,入構に際しては「2 キャンパスへの入構について」に従ってください。窓口での事務取扱を再開しますが,新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,不要不急の入構は控えてください。
 新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては,今後,窓口による事務取扱を変更する可能性がありますので,ポータルサイト(在学生専用サイト)の「お知らせ」に毎月掲載している「窓口及び電話受付時間について」や通信教育部ホームページの「News & Topics」にて最新情報を確認してください。
 また,主な事務取扱(教務課,学生課,会計課,学修支援センター,学生支援室,就職サポート室)は通信教育1号館が窓口となります。来校の際はアクセスマップを参照してください。
 ※ 入学前の方の入学相談についてはこちらを参照してください。

2 キャンパスへの入構について(10月9日更新)

 各課窓口利用,各種スクーリング授業への出席及び学修支援センター・学生支援室(カウンセラー相談)・就職サポート室を利用する場合は,以下により入構を認めます。
 ① マスク着用のうえ,学生証及び「日本大学健康観察システム」の記録(1週間以上)の入力すること。
 ② 入構当日も入口にて検温,手指の消毒を実施すること。検温の結果,37度以上の場合は入構をお断りします。また,体調不良(37度以上の発熱等)の症状がみられる場合は,来校せず,予約をされている場合は必ず,予約した部署にその旨を連絡してください。
 ③ 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,対面授業を実施する教室以外の場所・施設には立ち寄らないこと。PC教室を開放している時間がありますので,入構時に警備員に問い合わせてください。ただし,理由によっては使用できない場合があります。
キャンパスへの入構にあたっては,警備員の指示に従ってください。

 <日本大学健康観察システム> https://condition.nihon-u.ac.jp/Student
 (ポータルサイトにログイン後,「リンク」からもアクセスできます)

① 学修支援センター
 事前予約の上,予約日時に来校してください。
 (1)予約方法  
    事務取扱時間内に電話で,学修支援センター(03-5275-8857)に予約
 (2)開室日時  
    毎週火曜~金曜日 午前10時00分~午後5時00分
 (3)持 参 物  
    学生証,学修相談に必要な資料(学修要覧等)
 (4)注意事項  
  ※「日本大学健康観察システム」の記録が1週間以上ない者は,原則として,入構できませんので,必ず
   用意してください。
  ※マスクは,必ず着用してください。着用しない者の入構は,原則できません。
  ※感染予防の観点から,相談時間は30分程度を目途にしていますので,予め相談内容をまとめておいて
   ください。
  ※感染予防の観点から,1組最大2名まででお越しください。
 (5)その他
    予約方法については,「予約システム」を導入する予定です。詳細が決まりましたら,ポータルサイト
   でご案内します。

② 学生支援室(カウンセラー相談)
 事前予約の上,予約日時に来校してください。
 (1)予約方法  
    事務取扱時間内に電話で,学生課(03-5275-8921)に予約
 (2)開室日時  
    毎週火~金曜 午前10時30分~午後5時
 (3)持参物
    学生証

③ 就職サポート室
 事前予約の上,予約日時に来校してください。
 (1)予約方法  
    事務取扱時間内に電話で,学生課(03-5275-8921)に予約
    予約は,前日(月曜日)午後3時まで受付(前日が祝休日の場合は,前週金曜日の午後3時まで)
 (2)開室日時  
    毎週火曜 午後12時30分~午後4時(うち1人30~60分程度)

 

3 令和2年度後期各種授業(スクーリング)実施計画について

① 昼間スクーリング(後期)は,9月22日(火)から開講しています。
② 夜間スクーリング(後期)は,10月19日(月)から開講します。
③ 東京スクーリング(10月期)は,10月6日(火)から開講します。
④ 東京スクーリング(11月期)は,11月17日(火)から開講します。
⑤ 地方スクーリング(10月期)は,10月20日(火)から開講します。
  なお,地方会場では開講しません。
⑥ メディア授業(MB)は,10月9日(金)から開講します。

注意事項
※①~⑥及びその他授業の開講に関する詳細は,ポータルサイトに逐次,掲載していきます。

4 令和2年度後期各種授業(スクーリング)実施方法について

 全ての授業は,原則として,Google Classroom上でのオンデマンド配信を中心とした遠隔授業を継続して実施しますが,一部の演習科目等については,学生及び教職員の安全を配慮した対策を講じた上で,「対面授業」または「オンデマンド配信授業とオンライン授業(Zoom等による同時双方向授業)」を併用して実施する場合があります。

①  一部演習科目等で 対面授業が実施された場合に,基礎疾患や感染リスクなどの理由で対面授業に出席できない学生への代替え措置は,皆さんの不利益にならないように,その都度検討して解決します。

②  各授業科目において当初予定の授業実施方法や成績評価方法等が変更となった場合でも,みなさんに不利益が生じないようにします。また,授業科目の到達目標を十分に達成できるよう,授業の設計と教員の教育責任を果たし,現行の成績評価基準を維持します。
 なお,「開講を予定していた授業等の実施」に関する詳細については,通信教育部ポータルサイトにて逐次お知らせします。
 また,授業ごとの実施方法(対面授業,オンデマンド配信授業,オンライン授業(Zoom等による同時双方向授業))などの詳細は,シラバスを確認してください。
 後期に向けて,オンデマンド配信授業,オンライン授業(Zoom等による同時双方向授業)の受講に必要な通信環境を整備しておいてください。
 特に,Google Classroomの使用については,ポータルサイトにて授業参加マニュアル等を掲載しますので,必読の上基本的操作が出来ることを推奨します。

5 各種手続き及び各種証明書の申請について(10月9日更新)

 10月19日(月)から各課窓口にて対応します。しかし,新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,リポートや各種手続の提出,各種証明書の申請などの諸手続きについては引き続き可能な限り郵送で提出してください(各種証明書発行の際には,ホームページに掲載している証明書の申込方法「(1)郵送による申し込み」を参照)。又は,通信教育部1号館入口に設置してあります「ポスト」へ提出しても構いません。
なお,入構制限に伴う在学生の各種証明書の申請手続の簡略化及び発行手数料・郵送料の免除については,令和2年9月30日(水)で終了しています。

 

6 課外活動について

 サークル活動(新入会員勧誘を含む)・会合(飲食を伴うものを含む)等の課外活動及びゼミナール等で行う対面形式での課外活動については,引き続き禁止とします。また,合宿等についても同様です。
 また,オンラインやSNS等によるコミュニケーションを取る場合は,対面よりも深い心遣いが必要です。十分注意して,マナーを守って利用してください。

7 各都道府県学習センターについて

 各都道府県に設置している学習センターは,来年4月まで閉室といたします。
 学事相談等,御不明な点がありましたら上記事務取扱時間内に学生課(03-5275-8921)までお問い合わせください。

8 不安な気持ちがあるなど,相談したいことがあったら

 通常とはちがう状況の長期化により,心身の疲れが蓄積している方も多いと思います。
 今後の学修について不安なことがありましたら,学生支援窓口まで御連絡ください。

 学生支援窓口 03-5275-8921(学生課につながります)
 受付時間 午前10時~午後5時

9 学生支援の延長(オンライン授業実施に伴う支援)

① 基礎疾患や感染リスクなどの理由で対面授業に出席できない学生への代替措置などの対応
 通信教育部では,対面授業以外の学修形態を設置しています。よって,対面授業に出席できない学生に対しては,対面授業以外の学修形態を履修するように指導しています。
 また,途中まで対面授業に参加していたが,諸般の事情で参加できなくなった学生に対しては,授業担当者(教員)と協議し,例えば,Zoom等での出席等,その都度,個別に適切に解決していきます。

② 心の健康が維持できない学生の増加を踏まえた,学生の孤立を防ぐための対応
 学生支援室(カウンセラー含む)にて,個別に適切に対応します。御相談ください。
 また,学生,教職員の安全を前提にして,対面授業が可能な科目に関しては,少人数での開講を計画しています。また,上記①に記載したように,Zoom等を利用した授業を検討し学生の孤立を防ぐように努めます。

以  上 

<重要>
37度以上の発熱や体調に異常があり,その症状が続いている場合にはフローチャートにしたがって対応してください。
通信教育部 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合のフローチャート

日 本 大 学 通 信 教 育 部



一覧へ