学科・資格・科目

法学部 法律学科

法律の重要性や大切さを理解します。

現代社会では,リーガルマインドと言われる「法的に物事を考え問題を解決する能力」がさまざまな人にとって必要となっています。法律学科では,法律に関する高度な知識と専門能力を兼ね備えた人材を育成するための教育を行っています。高い教養と倫理観,法律的なものの考え方を身につけた本学科の卒業生は,社会のさまざまな領域で活躍しています。

主な開講科目

憲法

日本国憲法を基本理論から学び,憲法解釈論を挟みながら現代社会の問題を考察します。

労働法

経営者・労働組合にとっての中心的問題を取り上げ,その意義と要件を理解します。

民法Ⅰ

具体例を題材に,民法総則を深く理解し,問題把握能力・考察力を身につけます。

税法

具体的な問題を素材に基礎理論を解明し,特質と実務における法的な手順を学びます。

商法Ⅰ

営利獲得を目的とする企業活動に関わる法律など,基本から法的規制までを広く学びます。

民事訴訟法

本的な原則・主義・概念を学び,民事裁判や判決手続きの特徴と流れを理解します。

刑法Ⅰ

犯罪や刑罰の実体を定めた刑法を体系的に学び,現実社会の問題についても考察します。

刑事訴訟法

刑事手続きの全体像の理解と刑事訴訟を構成する各制度の理解をめざします。

行政法Ⅰ

行政に関わる法律に共通する原理やしくみなどの理論を通じ,行政とは何かを学びます。

法哲学

法律用語や法の歴史,構造,性質などを修得し,「法とは何か」を学びます。

国際法

専門用語を修得し,国内法の概念を参考に体系的に学び,より深い理解をめざします。

知的財産権法

著作物等の工業所有権・著作権等に関する実体法と手続法規の概要を学びます。

専任教員からのメッセージ

法律は,社会生活に直結する身近で現実的なもの。

社会ルールとなる法律を学び,社会生活で起こる問題を法律的に解決する能力を修得します。法律系の資格を持った職業だけでなく,官公庁や企業に勤務する方にとっても法律の知識は役立ちます。法律の勉強は取りかかりが重要ですので,教員の講義を直接聞けるスクーリングを重視した学習をおすすめします。

スクーリング担当科目の一例

科目:「民法Ⅲ」 債権総論の体系と基本論点

根本 晋一 准教授
根本 晋一 准教授 専攻分野:民法