学科・資格・科目

文理学部 史学専攻

歴史的視点を身につけて,現代社会の構築に寄与します。

現代社会のさまざまな問題を解決するためには,過去の歴史を学び,その経緯を踏まえることが必要です。史学専攻では,入門科目・概説科目・特講科目・演習科目を基本に歴史とその研究法を習得します。それによって,歴史的視点とより正確な歴史像把握の方法を身につけた,豊かな社会づくりに貢献できる人材を養成します。

主な開講科目

史学概論

史料の存在と歴史批判について知り,時間,場所,人,史観という観点から理解します。

考古学概説

旧石器時代と縄文・弥生・古墳時代の社会・経済・文化などといった特色を学びます。

日本史入門

日本史の基礎知識をもとに歴史のあり方を見直し,柔軟で多面的に歴史を観察します。

日本史特講Ⅱ

織田・豊臣政権から徳川政権樹立までの社会問題を知り,近世の時代像を把握します。

西洋史入門

歴史とは何かを考え,歴史書の読み方,研究法を学び,歴史研究の基本姿勢を身につけます。

東洋史特講Ⅱ

東洋史に関する専門的な研究論文に触れ,読解する力を養います。

日本史概説

時代を大きく把え,新しい研究成果に基づいた日本史の基本を体系的に理解します。

西洋史特講Ⅱ

西洋史に関する専門的な研究論文に触れ,研究史上の位置を理解し,課題を把握します。

東洋史概説

中国文明の成立から中国統一までを,政治史だけでなく社会経済史にも触れながら学びます。

考古学特講Ⅰ

縄文・弥生時代の諸問題を考察した研究論文を読解し,課題と研究方法を理解します。

西洋史概説

古代ギリシャから東西冷戦末期までを扱い,事件や歴史的出来事などを把握します。

古文書学

古文書の種類や機能の基本を学び,歴史用語の学習などにも取り組むことで理解を深めます。

専任教員からのメッセージ

私たちと一緒に,未来と人間について考えましょう。

本専攻では日本史・東洋史・西洋史・考古学の4分野を学ぶことができます。歴史を学ぶことは,未来と人間を考えることです。不透明な未来を切り開く意志のある人,現代社会のさまざまな問題を考えたい人には「過去との対話」をお勧めします。歴史は人間の叡智と教訓に溢れています。一緒に歴史を学び,未来と人間について考えましょう。

スクーリング担当科目の一例
科目:「東洋史概説」
人物・映像で見る−現代中国の歴史
髙綱 博文 教授
髙綱 博文 教授 専攻分野:東洋史

担当教員からのメッセージ

歴史の持つ奥深さを体験してください

「歴史=暗記」というのは誤解です。歴史学は,過去の人々の生き様から学び,他者を理解し,時代に応じたさまざまな価値観を考えていくものです。小説やゲームから興味をもった人も,本格的に研究を進めて社会に対する展望を考えてみたい人も,歴史という大きな海に飛び込んで,私たちと共に歴史を学んでみませんか?

スクーリング担当科目の一例
科目:「日本史特講Ⅲ」
外国人は江戸時代をどう見たか
DSC_1658
鍋本 由徳 准教授 専攻分野:日本近世史