入学案内

通学課程への転籍

転籍の概要

通信教育部から,通学課程の第一部(昼間部)又は第二部(夜間部)に転籍する制度があります。
転籍の対象となるのは1学年4月入学者のみで,通信教育部に1年間又は2年間在籍し,通学課程の定める受験資格を充足し,転籍試験を受験し,合格した場合に「転籍」が許可されます。
なお,年度により転籍可能な学部・学科・学年・受験資格・受験科目が変更になることがあります。
参考として平成28年度の転籍試験について,その概略を以下に掲載します。

転籍できる学部・学科

学部 学科 昼夜の別 学年 備考
法学部 法律学科(総合法コース) 昼間・夜間 2・3 全学部在学生受験可。
3学年の転籍については法学部在学生に限る。
政治経済学科・新聞学科
経営法学科・公共政策学科
昼間 2・3
文理学部 中国語中国文化学科・ドイツ文学科・社会学科・社会福祉学科・ 教育学科・体育学科・心理学科・地理学科 昼間 2 文理学部在学生に限る。
3学年の転籍については同一専攻の学科のみ受験可。
史学科のみ2学年の転籍についても史学専攻のみ受験可。
哲学科・史学科・国文学科・英文学科 2・3
経済学部 経済学科(国際コースを除く)・産業経営学科・金融公共経済学科 昼間 2・3 経済学部在学生に限る。
商学部 商業学科・経営学科・会計学科 昼間 2 全学部在学生受験可。

転籍の実績(2学年転籍者数)

平成25年度 平成26年度 平成27年度
出願者 合格者 出願者 合格者 出願者 合格者
23名 7名 34名 17名 29名 21名

「転籍」と「編入学」の違い

編入学とは

大学を退学し,2年又は3学年に入学すること。

転籍とは

通信教育部から通学課程(法・文・経・商学部)へ籍を移すこと。
編入学とは異なり,1学年入学時から,通学課程に在籍していたという扱いになる。