通信教育部について

通信教育部長からのご挨拶

ご挨拶

日本大学通信教育部長 川 又   祐
 通信教育部は1948年に創設された,法学部,文理学部,経済学部,商学部の通信教育課程で,71年の歴史を誇る,伝統のある正規の大学です。日本大学は,日本大学教育憲章のもと,「教育の質保証」,「学生ファースト」を目標に掲げています。通信教育部は,大学と一体となって日本大学の教育理念である「自主創造」の精神に基づいた教育内容・機能の充実に努めています。 現在,通信教育部では,正科生及び科目履修生を合わせて約7,300名の方が学んでいます。その入学目的は,大学卒業資格を取得するだけではなく,教員免許状の取得,そして生涯教育として大学で学ぶことなど,多種多様です。通信教育部では,これら多様な学びに対して,個々の学生の要望に向き合った学習の機会を提供し,それにふさわしい教育システムを整えることを目指しています。その一環として,社会のニーズに即した授業科目の採用,昨今のグローバル化に応じた授業内容や,社会に出て役に立つスキルの向上に向けた教育の推進と,学習サポ―ト体制の充実に努めています。また,スクーリングの実施については,仕事帰りの受講も容易にするため,校舎を2014年9月に移転して,新たな学びの拠点となる自習室・学生ラウンジを完備した市ヶ谷キャンパスを整備しました。さらに,通信教育部では,インターネットを利用したメディア授業をより拡充していきます。
 2019年は,日本大学創立130周年の節目の年となります。記念すべき年に通信教育部で学ばれる皆さんが,様々な授業を通して幅広く勉強し,各自の入学目的を達成することを願っております。