通信教育部について

大学通信教育とは

正規の大学教育

大学通信教育は,正規の大学教育として文部科学省に認可された教育課程です。通信教育課程を卒業すると通学課程と同様,学士の学位が授与されます。

生涯学習に適した教育システム

学びたい人が仕事と両立させながら,生涯を通じて学べるシステムです。また,個々の事情で大学に通学できない人々を地理的,時間的な制約からできるだけ解放しようという理念に基づいた大学教育でもあります。

歴史ある教育システム

昭和22年に制度化,昭和23年に認可され65年以上が経過しています。
現在では43大学,27大学院,11短期大学が大学通信教育を実施しており,全国でおよそ24万人の方がそれぞれの目的に応じ学習しています。
本学通信教育部は,大学通信教育として日本で最初に開設された大学の一つであり,これまで3万人を超える卒業生を社会に輩出しております。